>  > 「複数種類あり」 ステアリング ホイール ■ 『図の略番 34312 のみ』 スバル純正部品 インプレッサ(GP XV) 適合年式[平成25年03月~next]『品番』 34312FJ051VH ^j25^

セキュリティ対策のアズジェント

「複数種類あり」 ステアリング ホイール ■ 『図の略番 34312 のみ』 スバル純正部品 インプレッサ(GP XV) 適合年式[平成25年03月~next]『品番』 34312FJ051VH ^j25^

「複数種類あり」 ステアリング ホイール ■ 1.8T 『図の略番 34312 のみ』 グレイラ スバル純正部品 インプレッサ(GP XV) 適合年式[平成25年03月~next]『品番』 34312FJ051VH ^j25^

2017年12月13日
株式会社アズジェント
(JASDAQ・コード番号4288)

  ネットワークセキュリティソリューションの提供を 主業務とする株式会社アズジェント(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:杉本隆洋、 JASDAQ:4288 [HPI] インタークーラー TYPE-WF 72mm厚 ブラック/ホースバンド ローレル C35 RB25DET メダリスト・後期不可、以下、アズジェント)は レブイット REVIT テキスタイルトラウザーズ サンド3 スタンダード 男女兼用 黒 Sサイズ FPT083-1011-S HD店、Karamba Security Ltd.(カランバセキュリティ CEO & Co-founder:Ami Dotan 所在地:イスラエル 以下、Karamba社)の 車両内のネットワークにオーバーヘッドをかけず認証を行い、セキュリティを確保する自動車用認証ソリューション「SafeCAN」の提供を開始します。

【背景】
  現在、自動車メーカーをはじめとする多くの企業が自動運転車の開発に取り組んでいます。人の手を介さない自動運転においてセキュリティ対策は必須であり、インターネット経由での不正アクセスに対して多くの企業が検討、対策を行っています。同時に、自動車への物理ハッキングや許可されてないECU(電子制御ユニット)から送られてくる不正な通信から自動車を保護するために車両内の通信においても認証を行い、セキュリティを確保する必要があります。しかしながら、車両内のネットワーク、

「複数種類あり」 ステアリング ホイール ■ 『図の略番 34312 のみ』 スバル純正部品 インプレッサ(GP XV) 適合年式[平成25年03月~next]『品番』 34312FJ051VH ^j25^【セール登場から人気沸騰】

、特にCANバス※1は既に機能的に飽和状態になっており、ネットワークスループットを消費する認証データを処理する余裕がありません。このため、車両内の認証機能が欠如しており、物理ハッキング等による危険にさらされていました。
  また、同時にOTA※2を用いたソフトウェアアップデートにおいても、認証が欠如しているため、攻撃者が車をハッキング、OTAアップデートに成りすまして悪質なソフトウェアをECUにインストールすることを防ぐことができませんでした。

【SafeCAN】
  Karamba社の「SafeCAN」は、車両内のネットワーク認証を提供するEnd-To-Endの自動車用認証ソリューションです。ネットワークオーバーヘッドがかからないため、過度な負荷をかけずCANバスの通信を認証することができます。このため、ECUは認証されていない不正な送信元による制御コマンドを無視し、正規な制御コマンドのみを受け付けることができます。また ●エッチケーエス / HKS●Hi-Power409 ワゴンR MH21S K6A(TURBO) 03/09-04/11、OTAアップデートにおいてもECUは「SafeCAN」に認証されていない変更を受け付けないため、安心してOTAアップデートを行うことができます。

  さらに、Karamba社のSafeCANとCarwall※3を併用して利用することにより、車両内の安全な通信や認証されたOTAアップデートを提供するとともに、ECU自体もインメモリ攻撃等によるサイバー攻撃から守ることができます。

  Karamba社のCEO & Co-founderであるAmi Dotanは [ACRE] アクレ ブレーキパッド フォーミュラ800C フロント用 ヴィッツ SCP13 02/12~05/2 1300cc ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円 【エントリーでポイント5倍】245/40R17 HANKOOK ハンコック VENTUS V12 evo2 K120 ベンタス V12 エボ2 K120 ENKEI CREATIVE DIRECTION CDR2 エンケイ クリエイティブ ディレクション CD-R2 サマータイヤホイール4本セット、「SafeCAN」の提供にあたり、以下のようにコメントしています。
「SafeCANは、当社OEM顧客の意見をもとに、車両内通信において未解決となっていたセキュリティ問題を解決すべく開発しました。自動車メーカーは、物理ハッキングだけでなく、クラウド-車両間のセキュアな通信を利用するためのOTA技術が使われることをセキュリティ上懸念していますが、彼らのセキュリティ対策はクラウド-ゲートウェイ間で終わってしまっています。SafeCANはECUとの通信のセキュリティを担保し、正規の通信のみを受け入れるため、安全性が損なわれません。」
  また、Strategy Analytics社のAutomotive Connected Mobility部門のディレクターであるRoger Lanctot氏は「Karamba社のSafeCANは、車両内の通信を認証し、ハッキングからシステムを守るという業界のニーズだけでなく、OTAアップデートがマルウェアをインストールするために使われないよう安全を確保するニーズにも応えています。」とコメントしています。


※1 Controller Area Networkバス。自動車に搭載されたさまざまなECUを繋ぐ通信ネットワーク。エンジンコントロール、ブレーキシステム、ナビゲーションシステム、カメラなどさまざまなデバイスがCANバスで制御される。


※2 Over The Air。ECUのソフトウェア更新の際に無線通信を用いることにより、不具合の修正、機能追加が即時に行われているため、多くの自動車メーカーがOTAの採用を行っている。


※3 Karamba社のAutonomous (自動・自立型) セキュリティ製品。製造の過程で、あらかじめ定められたソフトウェア挙動のみを許可することにより、セキュリティバグを悪用した攻撃を防御する。




関連商品・サービス

IoTwall 、

「複数種類あり」 ステアリング ホイール ■ 『図の略番 34312 のみ』 スバル純正部品 インプレッサ(GP XV) 適合年式[平成25年03月~next]『品番』 34312FJ051VH ^j25^

、Carwall(IoTセキュリティ)

{yahoojp}ttrem04-zenjp3940-wl-zd-36694